悪徳サイトに登録してしまうとこうなります

出会い系サイトを利用し始めたばかりの人なら特に、悪徳な出会い系サイトに関する知識というものがないかもしれません。
確かに出会い系サイトというものは、昔に比べて利用者も増え、出会い系サイトの運営者も、きちんとした優良サイトを運営しなければ利用者の支持を得ることはできないということがわかっているので、自社のサイトを優良な状態に保つべく、サイトのセキュリティーなどのレベルアップに努めています。
だから、出会い系サイトの安全性などは昔に比べれば格段に上がったということが言えます。

また、優良なサイトを探すにしても、今では出会い系サイトの利用者がたくさんいる分、例えば自分が利用したサイトに関する評価などをレビューしている人がたくさんいます。
昔に比べれば格段に、優良な出会い系サイトというのがどのサイトなのかというのがわかる時代になったのです。
本当に便利な時代になったと思います。
少し極端な言い方かもしれませんが、本当に出会 きっかけさえあれば何でもできるような時代なのです。

そんな時代だからこそ、出会い系サイトを利用することだって昔に比べれば簡単で、サイトの安全性にも問題はないだろうと考えたくなるかもしれませんが、常に油断は禁物ですので気を付けてください。

最近では、外見をパッと見ただけではわかりにくい悪徳サイトも増えました。
一昔前など、例えばトップ画面に女性が嫌がりそうな卑猥な画像を平気で使っているようなサイトは、男性会員だけをカモとして釣るような悪徳サイトだというようなことはよく言われました。
確かに、トップ画面にいきなりエロい画像を使っているようなサイトは、アクセスしただけでも女性にとっては気分が悪くなるはずなので、まさかそんなサイトで出会いを求めようとは考えないでしょう。
最近でもこういうレトロな(?)一見しただけで怪しいサイトだと分かるような悪徳サイトも残っていますが、それ以上に増えたのは、人気のある優良な出会い系サイトのデザインをまねたサイトです。
例えば出会い系サイト以外にも、有名な企業のウェブサイトのデザインをそっくりまねたようなサイトはありますよね。
それがフィッシング詐欺の定番などといわれていて、よく「類似のサイトにご用心ください」といった警告が出ています。
出会い系サイトの場合も同じように、人気のある有名なサイトのデザインをまねているけれども、なんとなく微妙に違うというようなサイトは、悪意あるサイトである可能性が高いのです。
サイトに集まってくる男性をだましたくてデザインをまねるという、悪徳な出会い系サイトの運営者は非常に多いです。
デザインでどうしても区別するのが難しければ、webサイトのアドレスを比較してみることで悪徳なサイトを見破ることも可能です。
当たり前のことですが、ネットの世界において、違うウェブサイトが同じアドレスを共有することはできないので、偽物のサイトのアドレスは、本物のサイトのアドレスとは絶対に違うはずです。
こういうところからも、悪徳なサイトを見抜けるよう努力してください。

出会い系サイトを利用している期間が長くなって、だんだんいろいろな経験を積んでくると、悪徳な出会い系サイトの運営者が仕掛けてくる詐欺の手口も見抜けるようになります。

実際に悪徳な出会い系サイトに登録してしまうとどういうことがあるのか、ひょっとするときになる人がいるかもしれません。
まず、悪徳な出会い系サイトに登録しても、すぐには何も起こらない場合がほとんどです。
自分が悪徳な出会い系サイトに間違って登録してしまったんだと気づかせるような出来事があったら、詐欺の被害に巻き込まれる前に利用者が逃げてしまうのが普通です。
悪徳な出会い系サイトの運営者としては当然、そう簡単に利用者をだますわけにはいかないのです。
じっくりと詐欺の被害に巻き込まなければ意味がありません。

ということで、出会い系サイトに登録してしばらくたつまでの間は、利用者にとって悪徳サイトの環境は、優良な出会い系サイトを利用する場合と何も変わりません。
怪しいところが特にないからこそ、悪徳サイトの利用者は、自分がまさか悪徳なサイトに登録してしまったのだということに気づかないのです。

悪徳なサイトを利用していて巻き込まれる詐欺の手口にはいろいろな種類がありますが、どのタイミングで自分が間違って悪徳なサイトに登録してしまったことに気づくパターンが多いのか、それはやっぱり、自分が出会い系サイトから、どう考えても内容が不自然な料金の請求書などが届いたときです。

例ですが、ほとんど出会い系サイトを利用していないのに、ただ登録しているだけの状態でも、とても払えないような高額な請求書が届いたりとそういう場合です。
あまりに金額が大きいと、利用者のほうも料金を支払うのにためらうはずなので、すぐに詐欺の被害に巻き込まれるということはありません。
ただ、悪徳なサイトを運営する側の人間も、そういう利用者の心理はよく分かっているので、請求書の中に警察や裁判所といったような公的な機関の名前を出して利用者をビビらせ、もしも請求書通りの支払いに応じなければ、警察に通報するとか裁判に訴えるとか言って利用者をだますのです。

冷静に考えて、高が出会い系サイトに支払う料金を滞納したからといって、それで警察や裁判所が動くわけがないのですが、特に出会い系サイトを利用し始めたばかりで悪徳サイトに関する知識があまりない人などは、こういう請求書を受け取っただけで心臓が止まりそうなほど驚いてしまって、請求書に書かれた金額がかろうじて自分に支払えるくらいのものだったら、これで訴えられずに済むと考えて、請求書に書かれた通りの金額を支払ってしまうのです。

基本的に、自分が利用している出会い系サイトがどれほど優良なサイトらしく見えたとしても、請求書に書かれた内容が不自然だったら、残念ながらそれは悪徳な出会い系サイトである可能性が高いです。
そして、一度でも相手の要求通りにお金を支払ってしまうと、その時点で自分は悪徳な出会い系サイトの運営者から、こいつはカモだと思われてなめられる危険性があるのです。
だから、いわゆる不法な請求書は、一度だけではなく何度も来ます。

たいていの人は、内容のおかしい請求書が立て続けに何度も届いたりしたら、これはさすがにおかしいといって、自分が悪徳な出会い系に登録してしまったことに気が付くと思います。
悪徳な出会い系サイトに間違って登録してしまったと気づいたら、普通はそのサイトから退会しようと試みますよね。
そしてたいていの出会い系サイトには、サイトから退会しようと考える人たちのために「大会用のボタン」というものが用意されています。
優良な出会い系サイトに登録している場合は、いざという時はこの退会ボタンから簡単にやめることができるのです。

ところが悪徳な出会い系サイトの場合はそういうこともありません。
悪徳な出会い系サイト出た胃潰瘍のボタンを押してもすぐにはやめられず、その代わりにメールフォームが開いて、退会を希望する人は、このメールフォームからからメールを送信してくださいというふうに支持されます。
このメッセージを真に受けたかわいそうな利用者は、悪徳な出会い系サイトの利用者に対してメールを送ってしまうのです。
この時点で、悪徳な出会い系サイトの利用者に自分のメールアドレスなどが知られてしまったということになります。
そのため、せっかく悪徳な出会い系サイトをやめた後でも、悪徳な出会い系サイトから迷惑メールがずっと届き続けるのです。
悪徳な出会い系サイトの運営者にメールアドレスを知られてしまって、やめたはずのサイトからいつまでたっても悪徳なメールが届き続けるという場合は、本当にメールアドレスを変更するくらいしか対処法がありません。

悪徳な出会い系サイトに登録するとどうなるかというと、基本的に悪徳な請求書が送られてきます。
そして、その請求書の内容を不審に思った人は、当然のことながらサイトから退会しようと考えるわけですが、最悪なことに、やめようと思ってもなかなかやめられないというトラブルが多いうえ、仮にサイトから無事に退会することができた後でも、悪徳な出会い系サイトの運営者に自分のメールアドレスを知られてしまったら、いつまでもやめたはずの悪徳サイトから不審なスパムメールが届き続けるのです。

間違って悪徳な出会い系サイトに登録してしまったら、本当に面倒くさいことになるので注意してください。
悪徳な出会い系サイトに登録しないよう心がけることは、あらかじめ出会い系サイトに関する情報をしっかり集めさえすれば、実はそんなに難しいことではないのです。

神待ち掲示板系で犯罪に巻き込まれた人

つい先日のことですが、東京の方で12歳の少女を誘拐した咎で逮捕された24歳の男性のニュースが話題になりました。12歳の少女は家出中だったわけですが、神待ち掲示板のようなものに泊まるところがないから助けてみたいな感じで書き込みを行ったようです。それを見た24歳の男性がレスし、最寄りの駅で待ち合わせをして家に泊めました。その時に何があったのかなどは明らかにされていません。

少女の将来を警察も守らなければなりませんので、肉体関係があったのかなどは公表しません。本当に食事をさせてあげて、泊めてあげただけだったことも考えられます。しかし仮にそうだとしても、その男性は誘拐犯として刑事罰が科せられてしまいます。少女が家出したことで、家族は捜索願を速やかに出しています。12歳なのですからアタリマエのことです。捜索願が出されているであろうことなど、その24歳の男性も容易に考えつくはずです。彼がすべきことはその少女を連れてすぐに警察に行くことでした。それであれば彼は家出少女を保護した成人の男性です。

家に連れ帰って泊めてしまえば、誘拐犯。しっかり下心があったはずなのでは?ということは神待ち掲示板を覗いているという時点でアリアリで分かることなのですが、それは少女のことを考えると想像はしたくありません。家族もきっと想像したくはないでしょう。ただし宿泊中に通学している中学校に電話連絡を少女はいれています。好意的に考えれば、その男性のアドバイスがあったのかもしれません。アドバイスが善意で行われたとすれば、神待ち掲示板でその子に声をかけたのも、「他の人間にダマされないうちに」という保護の気持ちがあったのかもしれません。

世の中には18歳未満の家出少女と関係を持ち、買春で逮捕された男性の話題などゴロゴロあります。特別珍しい事件でも無くなっているのが、実に嘆かわしい事実です。この12歳の少女と24歳の男性の場合は、実際のところ本当に善意の気持ちが働いていないとも言えないフシは見られます。しかし泊めていた内容などはお構いなしに、とにかく泊めれば「誘拐犯」なわけです。少女が若すぎるがゆえにその男性に、本当に保護する気持ちが働いていたとして、それはそれで家族はありがとうという気持ちになることでしょう。こういったことで命を落としている子もたくさんいるのです。しかし成人であるならば、成人らしい判断をしなければならないということなのです。

家出掲示板最新情報

浮気願望がある女は逆援助しやすい

もともと女を喜ばせることは得意だった僕は、いまあるテクニックを使って浮気願望のある女性をhttp://xn--n8jx03giia71htxnjxx.com/で落としては、実際に会って即エッチしていました。
いろいろな女性とするセックスは、毎回ドキドキしていましたし気持ちよさも相手によって違うので、そこらへんも楽しみの一つでした。
出会い系サイトで浮気願望のある女性の大半は1度限りの関係だとしてもお金をくれました。
だんなにばれたくないとか、他にしられては困るなどといった後ろめたさから僕にお小遣いをくれたのです。
いわゆる逆援助ですよね。
でも僕はそんな既婚者の浮気で相手をゆするような男ではありません。
単にセックスができて楽しめればそれで満足なのです。
女性たちからお金をもらいながら、女性の体も楽しめる関係はすばらしいものがありますし、満足を通り越して感動すら覚えてしまいます。
よほど僕が信用できないのか?といった女性ではかなりのお金を僕に手渡ししてきました。
僕は何も言わないし、たかることだって自分からはしませんよ。
ただ女性がくれるといったお金は全て受け取ってきています。
もう結構な額になっていますが、僕もある意味気が小さいところがあり全てのお金をポンポンと使ってしまうことができない性分なんです。
こんな男が良くてセックスしてお小遣いをくれるのですから、世の中捨てたものでもなのです。
逆援助は自分から望んでいることではありませんが、このままみんなそうして扱ってくれるのならしばらくはそのままでいきましょう。